« 「女同士でトレ・ビアンLife」さま | ホーム | 大切なあなたへ »

2009.12.23

つわりの話2

カテゴリー:妊娠日記

突然ですが、つわりの話、第2弾です。

今年3月の親睦会を企画したのは、妊娠がわかる1ヶ月程まえでした。妊娠はトライしているけれど、いつ実現するかわからないもの、全てをストップして赤ちゃんを待つだけの生活はよくないだろうと、何か楽しい事を企画したくなって親睦会を計画しました。

その頃、私達はつわりと親睦会がかち合うとはつゆ知らず、つわりの辛さもつゆ知らず、呑気にかなりワクワクしていました。どんどん手配を進めて、皆さんにもお手伝いして頂いて、行くぞ〜〜!やる気満々☆

しかし、妊娠がわかり、つわりが始まると「これでは、日本に行けまいぞ(冷や汗)」でした。どんどん症状は悪くなる一方、最悪な時は、1日にみかんの缶詰1缶しか食べられず体重は減り続けました。

ご飯を炊く、料理する等の匂いで気持ち悪くなるので、ご飯時に参加できなくなり、こん父の心配はつのりました。安定期が過ぎるまでは、報告を待つつもりだったので、こん父にも内緒でした。「あきは何か怒ってるんか?」と思ってたそうです。

どうする?申し込んでくれてる人が沢山いて、楽しみに待ってくれてるのに、全部キャンセル?出発の2日前になっても決められない私、つわりって行ったり来たりするので、比較的楽な時には「行きたい〜〜!」、でも次の瞬間「絶対無理!」っていう位しんどくなっていました。

夜中まで話して、やっぱり無理だろうと判断、日本行きをキャンセルするなら、同居のこん父には理由を話さなくちゃ。意を決して「赤ちゃんがやってきました。つわりが辛くて日本に行けません。」と告白しました。

私は実家の母には反対されていたので、とても緊張していました。こん父は、すぐに「おめでとう!」と喜んでくれました。私達は正直、彼の反応が意外でとてもびっくりしました。私はつわりを隠すための緊張からの解放感と安堵から、感極まって号泣してしまいました。こん父は私の背中をさすって「めでたい事だから、そんな泣かんでいい」と慰めてくれました。

「それはそうと、日本には行けると思うぞ。両親に顔を見せてきなさい。昔は飛行機でも時間が相当かかったが、今は短いもんだ。行ける行ける!」と言うのです。こん父よ、つわりを知らないでしょう?(笑)なぜわかる?

体力をつけねばと夜中だったけど、お茶漬けを食べなさいと勧められるがままに、わさび茶漬けを食べ、翌日まで様子を見る事になりました。その後、気分がすぅ〜っと軽くなったんです。つわりも軽くなったような気が。。。

そんな訳で、こん父の受け入れと励ましにより、HDWの親睦会は実現したのでした!ふふふ。今は本当に遠い昔のような気がしますね。東京での親睦会、つわりでえらくしんどかった話はまた笑えるのですが、それは違う時にでも(笑)。

皆さん、よいクリスマスを☆Merry Christmas☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.happydayweddings.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1189

コメント

遅くなりましたが、ご出産おめでとうございます!
あきさんも赤ちゃんもお元気そうで
本当によかったです。
賑やかな新年ですね(^^)よいお年をお迎えください。

灰色猫さん!お久しぶりです☆お祝いのお言葉をありがとうございました〜。御
陰様で、3人とも皆げんきに新年を迎えました。

灰色猫さんもお元気でいらっしゃいますか?また覗いて下さい☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

© HAPPY DAY WEDDINGS. ALL RIGHTS RESERVED.