« おんぶ | ホーム | Happy 10th Anniversary☆ »

2010.10.15

あきらめない

カテゴリー:妊娠日記

お豆の誕生日も近づき、紅葉が深まる中、お豆をおぶりながら、よく1年前の事を思い出しています。

じわじわと陣痛が始まったのが夜中の1時、これか〜!っと心の中で小さく興奮しながら、こんを起こさないようにベッドを抜け出し、ソファーに一人横になりました。ゆっくりと強くなる陣痛、お医者さんが寄ってくれた7時ごろには8センチあいてる〜!!今すぐ病院や〜ってなってました(笑)。

そこまでは早かったものの、病院につくと緊張からか、なかなかすすまず「皆に待ってもらって申し訳ない。。。」とこんに呟いたりしてたんですが、笑気ガスで痛みを逃し、お風呂で痛みを逃し、破水は自力ではならず、いきみの段階まで夕方の4時までかかりました。

「いきむ段階に来るまでが一番しんどいのよ〜。もう大丈夫よ!」との励ましを頼りに、いよいよ押し出し。。。しかし、どうやっても出ない!バスタブの中で横向き、前向き、こんに抱えてもらう、水上スキーみたいな格好、何やってもだめなんです。痛みが怖かったので水中出産を希望し、お医者さんからは「ドルフィンみたいに美しい出産になるわよ〜」なんて言われてたのに、水圧が逆効果だったみたい。。。

2時間半いきんでもお豆は行ったり来たりしてるだけでした。疲労で一瞬眠ったり、もうだめ〜っ!てなってた時、昔クロスカントリースキーをやっていた事をふらふらと思い出してました。10キロの試合中、なんども途中でしんどい〜とあきらめた時の気持ち、毎日トレーニングして何度も参加した試合、そして何度も途中であきらめた経験。それって、この出産のためにしてきたんじゃない?と。

大きな違いは、今回だけはあきらめられへん!という事でした。だって、そこまで来てる頭を、出さん事には仕方ないですよね(笑)。このレースは走りきらないといけないんだ!って、何か青春もののようですが、薄らぐ意識の中で苦しみと感動の両方を感じていました。

万策尽きていよいよ煮詰まってた私達、ベテラン看護婦さんが「ちょっとトイレ休憩は?」と声をかけてくれて、バスタブから出てトイレへ移動。そうしたら、来たんです!!重力ってすごい☆「あかん!ちょっとまって!ドルフィンどころじゃないやん!ベッドまで待ってくれぇ〜〜」

思い返せばコントのような展開、やっとの思いでベッドになんとか這い上がり、5分もたたずに頭が見えて、ずるずると誕生!憧れていたドルフィン出産は叶いませんでした。それどころか、そのおかげでえらい長引いてしまって苦笑いですが、そのオチさえも笑える位、苦しみは遠い記憶に。。。無事に産まれて来てよかったなぁ。

この1年は、長かったような短かったような不思議な感覚でした。もうすぐパパ&ママになって1年、これからも鍛えられ、成長できたらと思います。非常に自己満足な記事を、最後まで読んで下さりありがとうございました〜☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.happydayweddings.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1283

コメント

そうでしたかぁ。
壮絶なコントでしたね(^^;
でも、30年以上経った今でも、出産は辛かったとしか言わないうちの母に比べると、
たった1年で遠い記憶と言って笑ってしまえるあきさんは
とってもタフですね!2人目もいけそうなんじゃないですか?(*^0^*


みいさん、コメントをありがとうございました〜☆

いや、私、30年後もあれやこれや言ってると思います。

出産の時の気持ちは特別なものですが、なかなか話す機会があるわけでないので、みいさんのお母さんは、それを楽しんではるんかもしれませんね〜。

だって、お誕生日はみいさんとお母さんの両方にとって、すごくスペシャルな日ですから。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

© HAPPY DAY WEDDINGS. ALL RIGHTS RESERVED.